2012年は海外進出ということで勢いのある Perfume の発売されたばかりの新曲「Spring Of Life」ミュージックビデオ。CM(キリンチューハイ 氷結)の映像はカラフルな感じでしたが、こちらのMVは無機質でデジタルっぽい近未来風映像です。昔はこの手のコンセプトが多かったのですが、ユニバーサルミュージック移籍第一弾シングルということもあるのでしょうか?曲調もすこし前に戻った感じがします。この方が個人的に好きです。MVもパフュームってこのようなすこし暗めのグレーな色彩が一番似合ってる感じがします。古いほかのMVだと「I still love U」とかもすごく良かった。(CGが中心になっちゃうけどエレクトロ・ワールドも)今回はアクセントになってる電飾に明るさにあわせたのかもしれませんが、CMのカラフルさと180度変えて全体的な暗さががとてもいい。映像の中で3人が改造されてますがこれは スターウォーズの医療ドロイド を思い出しました。(ていうかそのままです) 今年は公式に海外進出ということですが、最近はPerfumeの曲ってどっちかというとJ-POP寄りな気がします、外国の方が聴いたらどんな感じなのだろうか?


Perfume - Spring Of Life http://youtu.be/5kWFGTH8K5g


曲目リスト
ディスク:1
1. Spring of Life
2. コミュニケーション
3. Spring of Life -Original Instrumental-
4. コミュニケーション -Original Instrumental-
ディスク:2
1. Spring of Life -Video Clip-
東京女子流(とうきょうじょしりゅう)が今日のHOTキーワードで出てたので調べてみると、本日ニューアルバムが出るらしい。タイトルは「Limited addiction」以前出したシングル曲のタイトルを、今回のアルバムタイトルにしたらしい。(ちょっと紛らわしかった)
東京女子流はavex traxのガールズグループだけど、楽曲やサウンド面でavexぽくない。シングル曲の「Limited addiction」なんかは、80年〜90年代のスタジオミュージシャンの雰囲気を感じる。要するに見た目はバリバリのアイドルなのに音がカッコイイ。かといってJ-POPやアイドルのカテゴリーに収まらないかといったら違うんだけど。。イントロのギターのカッティングの尺が長いところとかなんともいえないツボ。昔CHARがマキシシングル「BLACK SHOES」(1989)のカップリングでやったリズムが打ち込みの「SMOKY」とか、懐かしい男女2人組ユニットICEの「GET DOWN, GET DOWN, GET DOWN」(1996)を思い出す。興味がある人は聴いてみてね。


Limited addiction(TGS13) - 東京女子流 作詞:鈴木静那 作曲:大西克己 編曲:松井寛 http://youtu.be/X8VX6_mRABs

東京女子流*(TOKYO GIRLS' STYLE)オフィシャルサイト

ちなみにシングルの「Limited addiction/We Will Win! -ココロのバトンでポ・ポンのポ〜ン☆-」は2011年8月24日に発売でオリコン週間チャート最高順位11位。次に出したシングル曲「Liar」(同じく今回のアルバムに収録)も松井寛かっこいい雰囲気の曲です。アルバム全楽曲のアレンジはプロデューサーの松井寛氏が手がけています。

収録曲
ディスク:1
1. Intro
2. Sparkle
3. W.M.A.D
4. Regret.
5. 僕の手紙
6. Don’t Be Cruel
7. Liar
8. Rock you!
9. 眩暈 feat.バニラビーンズ
10. Limited addiction
11. 追憶
12. Outro
13. We Will Win! -ココロのバトンでポ・ポンのポ~ン☆-

ディスク:2
1. 鼓動の秘密 (CONCERT*01 『Limited addiction』 より LIVE映像)
2. W.M.A.D (CONCERT*01 『Limited addiction』 より LIVE映像)
3. Don’t Be Cruel (CONCERT*01 『Limited addiction』 より LIVE映像)
4. Liar (CONCERT*01 『Limited addiction』 より LIVE映像)
5. Love like candy floss (CONCERT*01 『Limited addiction』 より LIVE映像)
6. おでかけムービー Special
YouTubeで集めたプレイリストです。
80年代の日本のJ-ROCK
当時言われたいわゆるバンドブームの頃のPVです。



1980年〜89年までの日本のロック系

Buck Tick - Just one more kiss
Barbee Boys - 負けるもんか
Red Warriors - ROYAL STRAIGHT FLUSH R & R〜STILL OF THE NIGHT
BOOWY - B・BLUE
BUCK TICK - HYPER LOVE
COMPLEX - BE MY BABY
D'ERLANGER - LULLABY-1990-
ECHOES - STELLA
Laughin Nose - Broken Generation
PEARL - Gold Rush
KATZE - STAY FREE
PRINCESS PRINCESS - 世界でいちばん熱い夏
PSY・S - Angel Night〜天使のいる場所〜
DEVILS - Fuck Off Die
ZIGGY - GLORIA
筋肉少女帯 - 釈迦
リリス - 山下久美子
次の汽車に乗って - BE-MODERN
BY-SEXUAL - SO BAD BOY
Dear Venus / Up-Beat
UNICORN - 大迷惑
START - JUN SKY WALKER(S)

随時追加してるので曲数曲順は変わるかもしれません。

JUGEMテーマ:70年代・80年代