1985年のライブエイド、フィラデルフィア会場の Duran Duran(デュランデュラン)のステージ映像から The Reflexです。Duran Duran 自体はイギリスのバンドですが、ウェンブリースタジアム(英)ではなくアメリカ会場に登場しました。出演順もかなり最後のほうで一夜限り再結成したLed Zeppelinの後でした。この頃から日が完全に暮れて照明が灯り夜のステージへ。近年ではDVDが発売され高画質の映像で見ることが出来ますが、当時はフジテレビで衛星生中継され特にイベント前半は衛星中継に失敗して音が途切れたり映像が突然砂嵐になったりと大変な放送でした。 日本のTVではDuran DuranはCM明けに途中から「A View To A Kill」(美しき獲物たち)、「Union Of The Snake」、「Save A Prayer」、そしてこの「The Reflex」といったセットリストだったと思います。※後に発売されたDVDには「A View To A Kill」(美しき獲物たち)は未収録。このステージのアンディ・テイラー(g)風貌、ギターの弾き方、サウンド、とてもワイルドです。普段レコードではおとなしめのミックスにされていたので、鬱憤を晴らすようなステージングです。(※この動画はおそらくDVDのものでギターの音が小さめになってました。当時生中継のギターのボリュームはこの倍ぐらいの音量でした)


Live Aid 1985 Duran Duran The Reflex http://youtu.be/18xwfGTgVRc

ちょうどパワーステーションと活動がかぶってた頃でロック志向が強くなってきた頃のアンディですね。そんなこんなでアンディはこの後脱退することになります。

曲目リスト
1. The Reflex
2. New Moon On Monday
3. (I'm Looking For) Cracks In The Pavement
4. I Take The Dice
5. Of Crime And Passion
6. Union Of The Snake
7. Shadows On Your Side
8. Tiger Tiger
9. The Seventh Stranger


1985年のLIVE AID(ライブエイド)からアメリカフィラデルフィア会場の
Madonna(マドンナ)のパフォーマンスです。
曲は懐かしい「HOLIDAY」と「Into the Groove」です。
マドンナは当時27歳!若くて美しい!ちょっとかわいい。



Dead or Alive(デッド・オア・アライヴ)のボーカルPete Burns(ピート・バーンズ)が
当時マドンナのことをかなりDisってましたが、(肌を露出してるから売れてるだけ的なこと)
この会場でもマドンナがステージにに上がると陽気なアメリカのオーディエンスから
「脱げ!」コールがあったそうです。(アフリカの飢餓を救う為のチャリティーなのにね…)

映像のほうは2曲で終了しますがこのあと新曲の「Love Makes The World Go Round」を披露
この曲はライヴ・エイドのために制作された楽曲です。

1985年なのでアルバムでいうと2作目の「Like A Virgin」(ライク・ア・ヴァージン)の頃
この日パフォーマンスした「HOLIDAY」はファーストアルバム「Madonna」収録ですが
2曲目の「Into the Groove」は映画『マドンナのスーザンを探して』挿入歌
当時は「Like A Virgin」から「Angel」がシングルカットされた時に、
通常のシングルではなく、12インチ・シングルのB面に収録されてました。

あれから20年以上経ちますが、マドンナはこのような趣旨のチャリティライブは
Live8(2005)、Live Earth(2007)にも出演されてます。

You Can DanceYou Can Dance
Madonna

曲名リスト
1. Spotlight
2. Holiday
3. Everybody
4. Physical Attraction
5. Over And Over
6. Into The Groove
7. Where's The Party
8. Holiday (Dub Version)
9. Into The Groove (Dub Version)
10. Where's The Party (Dub Version)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
1985年のLIVE AID って知ってますか?当時、飢餓で苦しむエチオピアを救うために行われた世界最大規模のLIVE イベントでした。チャリティーという部分を除けば最近よく行われている野外フェス見たいなものです。それが約20年の月日を経て昨年初めてDVD化されました。イギリスのミュージシャンが中心になって作った、今でもクリスマスシーズンになればラジオでよく流れる「ドゥ・ゼイ・ノゥ・イッツ・クリスマス/バンド・エイド」(1984年)とアメリカのミュージシャンによる「ウィー・アー・ザ・ワールド/USA for AFRICA」(1985年)この2つのチャリティ・プロジェクトのあと1985年7月にLIVE AIDは開催されました。


The Beach Boys, Dire Straits, Sting, Queen...

イギリスとアメリカの両会場を衛星中継でつなぎ同時に進行(時差の為、イギリスで始まり、アメリカでフィナーレ)注目すべき点は出演した若き日の豪華なアーティストです。スティング、ブライアン・アダムス、U2、クイーン、デヴィッド・ボウイ、エルトン・ジョン、マドンナ、ニール・ヤング、エリック・クラプトン、デュラン・デュラン、ホール&オーツ、ミック・ジャガー、ボブ・ディランなど!ブライアン・アダムス、U2は、かなり若くて勢いがあり、デュラン・デュランのLIVEテイクは貴重だったり、そしてクイーンはファンが認める最高のステージパフォーマンスといえます。

スティング U2 デュラン・デュラン クイーン2

4枚組で収録時間589分!しかも5.1chです。当時を知らない方にも見て欲しいです。(あと意外にDVD化、知らない人が多いみたいだし)特典映像のドキュメンタリーも是非。さらに・・・なぜか?ダイジェスト盤も出ます。



歴史的な1日から20年! 大ヒットした4枚組DVDから、あの日のステージを飾った数々のアーティストのパフォーマンスから、約40組のライヴをダイジェストした、まさにライヴ・エイド体験版!! 開催20周年記念超特別価格で緊急リリース!