一定期間更新がないため広告を表示しています

「キミ、それはエアロスミスやないか!」でおなじみのAerosmith(エアロスミス) の1989年のアルバム Pump(パンプ)から WHAT IT TAKES(ワット・イット・テイクス)この曲は本格的(商業的にも)にバンドが復活した前作の Permanent Vacation(パーマネント・ヴァケイション)収録の Angel同様、ROCK系ソングライターの Desmond Child との共作で書かれたバラードで全米チャートで9位を記録してます。個人的にはこの作品の2作前の Done with Mirrors(1985) から Get a Grip(1993)あたりを毎日のように聴いていました。Get a Grip のツアーの武道館公演(1994年)も観に行きました。このようなギタリストが2人いるタイプのバンドが好きです。(それぞれの音は聞き取りづらいですが)ジョー・ペリーは特別上手いわけではないけれどギターを弾いてる姿がとにかくカッコイイ。この曲もトレモロのかかったギターソロがいい味出してます。しかしこのミュージックビデオ なんでバンドが演奏してるクラブで酔っ払いが喧嘩しているというシチュエーションなんだろうか? ついでに日本ではこの曲に酷似している B'z の 憂いのGYPSY という作品も偶然に生まれました。


Aerosmith - What It Takes http://youtu.be/CSnuQcFgvDo


曲目リスト
1. Young lust
2. F.I.N.E.
3. Going down
4. Love in an elevator
5. Monkey on my back
6. Water song
7. Janie's got a gun
8. Dulcimer stomp
9. Other side
10. My girl
11. Don't get mad get even
12. Hoodoo
13. Voodoo medicine man
14. What it takes
80年代に日本で流行ったイギリスのPOPバンド Eighth Wonder(エイス・ワンダー)の Stay With Me のミュージックビデオです。ボーカルのパッツィ・ケンジットのキュートなルックスが印象に残っています。(ただ最近までエイス・ワンダーという名前かと思っていました。バンドだったんですね。。)エイス・ワンダーという名の由来は「七不思議以上の驚異」というものらしいですが、バンド自体はごく限られた国でブレイク、日本でも When the phone stops ringing(邦題:浮気なテディ・ボーイ)がノエビア化粧品CMソングに使われたこともあり人気がありました。80年代当時の海外の音楽シーンの特徴ですが、LPサイズのレコードをEP盤の速度で回転させ音質を向上させる12インチシングルというものが流行。イントロや間奏に効果音を付けたりして無駄なアレンジのものが多かったのですが、12インチシングルバージョンは現在もCD化されていないものが多くレアなものも存在します。Stay With Meにも (Extended Version)が存在しますが、CDには未収録のようです。エイス・ワンダーのアルバムリリースは1988年の Fearless(邦題:クロス・マイ・ハート) 1枚のみ。しかし日本ではそれ以外にミニアルバムとリミックスアルバムそれぞれ1枚づつ発売。いまMVを見返すと背中丸出しで超ミニのスカートのパッツィがツイギーのようです、曲もとても可愛くてポップ。


Eighth - Patsy Kensit - Stay With Me 投稿者 val6210

曲目リスト
1. Cross My Heart
2. When The Phone Stops Ringing
3. Baby Baby
4. Will You Remember?
5. Wild Love
6. I'm Not Scared
7. Use Me
8. Anything At All
9. My Baby's Heartbeat
10. The Dress
11. STAY WITH ME
12. Cross My Heart (Dance mix)
13. Let Me In (シングルB面)
14. Baby Baby (Dance mix)
15. I'm Not Scared (Disco mix)
16. J'ai Pas Peur (French version)
The Police(ポリス) の1978年に発売されたデビューアルバム Outlandos d'Amour(アウトランドス・ダムール)収録の初期の代表曲 So Lonely(ソー・ロンリー) この適当に作られたミュージックビデオに出てくるのは紛れもなく当時の東京の風景、しかも都営三田線と丸ノ内線です。地下鉄の列車の映像もあり鉄道ファンにも涙もののMVになってますが、ドラムのスチュアート・コープランドがスティクでいたずらして叩きまくって迷惑かけてる映像は日本ではなくおそらく香港だと思います。ゲリラ撮影というか、ほんと適当に曲流して映像を録って繋げただけのビデオです。途中業務用のトランシーバーで歌ったり、車両をむやみに移動したり、ホームで歌うなど「ほかのお客様の迷惑に。。。」のオンパレード。スティングはまだ髪の毛フサフサですがオールバックにしていてそろそろ危険な感じもします。偶然映りこんでる昭和の日本人がまたいい感じでレトロ感出しちゃってます。


The Police - So Lonely http://youtu.be/MX6MvV8cbh8


曲目リスト
1. Next To You
2. So Lonely
3. Roxanne
4. Hole In My Life
5. Peanuts
6. Can't Stand Losing You
7. Truth Hits Everybody
8. Born In The 50's
9. Be My Girl - Sally
10. Masoko Tanga